クーラーは1日中つけっぱなしの方が安くなるって本当?

クーラーを1日中つけっぱなしにした方が電気代が安くなるなんてご存じでしたか?

私は知りませんでした。むしろこまめに消した方が電気代が安くなると思っていましたので、目から鱗な情報です。

寝苦しい暑い夜はエアコンをつけっぱなしで寝たいけれど電気代が気になるし、タイマーをセットして付けたり消したりして乗り切っていました。

夏の電気代はエアコンが半分ぐらいを占めているので、この使い方が本当なら大きな節約になる上にタイマーセットも不要になりますよね。

そこで、本当に安くなるのか、なぜ安くなるのかを調べてみました。

 

安くなる秘密はエアコンの機能にある!?

 

エアコンは実際に運転を始めた際に、実際の部屋の温度と設定温度の温度差をなるべく早く埋めるために、徐々に部屋を涼しくするのではなく、フル稼働することで一気に部屋を冷やしていきます。そして一気に部屋を冷やした後はその温度を保つために微風となる、という特性があるみたいです。

つまり、エアコンを入れた最初が一番電気代がかかるといえます。

さらに最初と微風状態では倍以上の電気代がかかることになるそうです。

エアコンをこまめに消すことは温度差が常にできるということなので、エアコンをつける度に電力を消費する、つまり電気代がかかることになるのです。

また、最近のエアコンは稼働していても部屋の温度変化がなければほとんど電力を消費しないみたいです。

一日中家にいる時やちょっと外に出るだけの時はつけっぱなしの方がお得になるというわけです。

また、温度差が大きいほどエアコンの電力に負担がかかることになるので、少しでもこの温度差を縮めるためにも換気をしてからエアコンをつけるなど最低限できることをした上でスイッチを入れて更なる節約を目指したいですね!

 

設定温度にはご注意を!!

 

エアコンの特性から安くなることが本当だとは分かりましたが、設定温度には注意が必要です。

つけっぱなしが安くなる理由の要因は設定温度と部屋の温度差にあるので設定温度が高ければ、短い時間でその温度まで下がり、電力消費にかかる時間を短縮することができますよね。
エアコンの設定温度を1℃あげれば、10%電気代が少なくなるとも言われています。

 

また、睡眠中のエアコン設定ですが、人間は寝ている間は体温が下がります。
寝る前に心地よいと感じた温度のままだと、体が冷えすぎるし、明け方は気温も下がるので、1℃低くしてもまだ寒く感じるかもしれません。

夜寝るときに、設定温度をいつもより高くすることで、快眠&節約になります。

設定温度に気を付けるだけで、つけっぱなしが節約になるなんて最高ですね!快適に夏を乗り切りましょう。

 

 

冬のガス代が高い人必見!冬場のガス代節約術

ガスの代表といえば給湯とコンロですが冬場のガス代ってなんであんなに高いのですかね。気付いたらあっという間に1万円を超えている月もあり家計には大きな痛手ですよね。

 

でもよく考えてみると、そもそも夏と冬では外気や水の温度に違いがあることから、お湯の設定温度や使用量に違いが無かったとしても、もともとの水温が違うため温めるために必要となるエネルギーやコストもおのずと違ってくるので当然といえば当然ですよね。

さらに冬といえば、おでんや鍋といった温かい煮込み料理などでコンロの使用時間も増えるし、食器洗いにもついお湯を使用している上に、お風呂の温度も上げているし、湯船に浸かる時間も長くなって追い炊きも何度も押していませんか。ちなみに我が家のガス代が高い原因は完全にこれらだと思います。

 

確かにこれでは無意識のうちに気付いたらあっという間に電気代が悲鳴をあげていたというのも仕方ない気がしてきます。

そこでなんとかして冬のガス代を節約すべく、その方法を調べてみました。

 

ガス代をアップさせる危険な給湯

冷え性&寒がりな上にお風呂が大好きな私には、冬のガス代の中でも給湯にかかっている金額を減らすことは最重要項目です。

 

お風呂に長時間入ったり追い炊きを何度も押したりしているのが給湯にかかる金額アップの最大の原因と言えますが、寒い冬にお風呂を我慢したり冷めたお湯に浸かるなんて、冷えを促進するだけですよね。我慢しても風邪引いてしまっては病院代が掛かって本末転倒です。

 

まずは、なるべく追い炊きをしなくて済むように、家族が続けて入ること、湯船につかっている間は浸かっているスペース以外のふたを閉めること、ふたの下にも断熱用のアルミシートを使用することで少しでも湯が冷めるのを遅らせるようにしましょう。

ちなみに、お風呂にお湯をためる方法には給湯でお湯をためる給湯式と、水からお湯を沸かす風呂釜式とありますが給湯式より風呂釜式の方が高くなるので注意です。

また、キッチンでの食器洗いもゴム手袋をはめることで体感温度を変えることができ、設定温度も1℃下げるだけでも節約になります。お風呂で37℃は冷たいですが、食器洗いなら我慢できますもんね。

 

ガス代をアップさせる危険なコンロの使用

 

次に気を付けるべきなのはやはりコンロですよね。

火加減がガス代に影響を与えているなんて知りませんでしたが、弱火でも強火でもなく中火が一番ガス代の節約になるみたいです。

弱火だと火が通るまでに時間がかかり、結果としてガスを多く使うことになり強火だと鍋の底面からはみ出した分が無駄になる、結果、中火が一番の節約になるとのことです。言われてみればその通りですよね。

 

あとは煮物などで長時間ガスを使う場合は落し蓋や圧力鍋を使いこなすことで調理時間を短縮することを目標にしたいですよね。

 

前月よりいくらガス代を減らせるかを目標に冬場を一緒に乗り越えましょう。

誰でもできる!暖房費の節約方法

冬の暖房費って家計を圧迫しますよね。
冬の期間といっても11月頃から近年では3月末まで寒さが続くので、使用する暖房は夏の冷房より厄介な費用になります。夏の暑さは熱中症に気を付けて脱いだり汗をかけば、冷房なしでも過ごせる私ですが、冬の寒さは暖房なしでは寒がりな私には堪えます。無理をして風邪を引いても病院代の方が高くつくだけですものね。

そこで何とかして暖房費を節約すべく、調べてみました。

自分の身体を温めて血行を促進する。

まずは基本の「自分の体を温める」ことですよね。スリッパやルームソックス、重ね着で冷気を身体に入れ込まない服装でいることが基本中の基本です。手首、足首、首筋の三つの首を温めることで体温は上昇すると言われていますし、最近では重ね着ソックスまで売られていますよね。

また、鍋料理で身体を温めることも必須です。マクロビオティックでは白菜やネギ、生姜、ニンジン、大根など冬が旬の野菜は身体を芯から温めてくれると言われており、これらは冬に積極的に取りたい食材と言われていますが、どれも鍋にいれられる食材ばかりですね。
特に冬は安く購入できる上にいずれも低カロリーな食材なので食費も身体もダイエットになり一石二鳥です。

その上で自分の体温を上げるため筋トレをするのもおすすめです。血流が悪くなくことで冷えを感じやすくなるため、ストレッチを含めて筋肉を弛緩させることが必要です。

 

節約しながら、暖かい環境づくり

さて、ここまでは当然誰もが分かっていることだと思うので、次にできる対策としては「温かい環境づくり」が必要ですよね。

暖房で温まった部屋の空気を逃さないことと、外の冷気を部屋に取り込まないためには何ができるか調べてみました。
とにかく冷気を取り入れないために、最近では百円均一にも売っている窓ガラス用の断熱シートを貼ること、カーテンは閉めておき、かつ厚手の布地のものを床に届く長さで利用すると更に効果が上がります。
また、冷たい外気を遮断するため雨戸を閉め、一戸建てであれば、床下の通風孔も占めると温かい室内の空気を逃さない効果が得られるそうです。
他にも湿度が高い方が温かさを感じやすくなるので、洗濯物を室内干しするだけでも部屋の温度は上がるみたいです。

暖房器具にも工夫を

そして、最終手段となる「暖房器具をどう節約するか」ですが、暖房費節約で最も重要なのはエアコン、ファンヒーターの設定温度の見直しです。
冬の設定温度は20から22度を目安にするといいみたいです。設定温度を1℃下げるだけで電気代は10%も削減できるみたいですよ。
また、直接熱を感じることができるコタツやホットカーペットよりエアコン、ファンヒーターなどの暖房器具の方が寒く感じやすいのでこちらはサブとして使用し、メインをコタツやホットカーペットで使用することをおすすめします。
ただし、コタツはまめに電源をきることと、エアコンは弱設定から自動運転に切り替えることでが電気代が安くなります。最後に夜寝るときのお供には昔懐かしの湯たんぽで温まりながら、一緒に冬を乗り越えましょうね。